留守中の愛犬のためにFurbo(ファーボ)ドッグカメラを使い始めました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こつぶが胆泥症になり、早くも3年が過ぎました。

今はだいぶよくなり、毎日元気に暮らしていますが、私が仕事などで家を留守にするときはやはり心配です。

で、以前、WEBカメラを導入したのです。

これはこれで今も役になっているのですが、このたびさらに愛犬見守りを強化すべく、

【Furboドッグカメラ】

を導入いたしました(^^)/

Furbo(ファーボ)ドッグカメラ

じゃーん!

ぱっと見、ドッグカメラって感じしません。

これね、愛犬家のための機能が満載なんです(*‘ω‘ *)

  • 外出先からワンコにおやつをあげることができる!
  • 外出先でも、留守番中のワンコの様子をスマホの動画で確認できる!
  • SNSでシェアして可愛い我が子の自慢もできる!しないけど!www
  • マイクとスピーカーが搭載されていて、外出先から愛犬に話しかけることができる!
  • 留守番中のワンコに何か変化があると、飼い主のスマホに通知が届く!

どんな仕組みかというと。

まず、Wi-Fi環境が必要です。

で、専用のアプリ(.iOS&Android対応)をスマホにインストールして、「Furbo(ファーボ)ドッグカメラ」の接続設定をします。

設定はBluetooth経由でアプリが勝手にやってくれます。

あとは、外出先でそのアプリを起動すればいつでも愛犬の様子を見守ったり、話しかけたり、おやつをあげたりすることができるわけです♪

スマホのアプリ画面では、こんな感じに見えます↓

Furbo(ファーボ)ドッグカメラ アプリ画面

かなり鮮明でキレイな動画でみれます。

動きもカクカクしてなくて、すごくなめらか。

さらに、スマホのアプリを起動していない時でも、愛犬に何か変化があったときは、飼い主のスマホに「ワンワン通知」が届きます。

ワンワン通知・・・ネーミングが可愛い(*‘ω‘ *)

furbo03

ちなみに、今のところワンワン通知が来たのは、ほとんどが宅配便の方がチャイムをならした音に反応しているパターンばっかりです(笑)

まあ何もないのが一番ですがw

なかなか高機能で良いですよ♪

見た目もオシャレだし、おすすめのドッグカメラです。


心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】


 
スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




コメント

  1. moma より:

    はじめまして。
    胆嚢粘液嚢腫 で検索してこちらにたどり着きました。

    我が家の愛犬も胆嚢粘液嚢腫と診断を受け、心臓病を患っていて手術が出来ない状態です。
    お試しのサプリでケンドックという物が効くかも。っという事でしたが、現在も続けていますでしょうか?

    藁にもすがる思いです。

    • りえぴぃ より:

      >momaさん

      コメントありがとうございます!
      久しぶりのログインで、レスがとっても遅くなってごめんなさい< (_ _)>

      お気持ちわかります・・・。
      私も愛犬が心配でたまらず、いろいろ調べまくって試しまくりました。

      ケンドックは今はお休みしていて、与えているサプリメントはベジタブルサポートだけです。

      今年になってから、フードを「犬心」というのに変えたのですが、それからは
      2ヶ月ごとの定期で受けているエコー検査のたびに、獣医さんが
      「前回よりも胆泥が小さくなってますね」
      と言ってくれています。

      いろいろなことを試してみて、私が明らかに効果があったといちばん確信できるのは
      ベジタブルサポートと犬心です。

      ご参考になりますように。
      momaさんのご愛犬が良くなりますように願っています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です