胆泥症対策の食事を見直す。国産で添加物ゼロのドッグフード考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胆泥症対策のドッグフード。見直す時期が来たかもしれない

こつぶが胆泥症を発症してから、早くも3年が経とうとしています。

発症してからすぐ、胆泥症に良いフードを調べた結果、ロイヤルカナンの消化器サポート低脂肪が良いと聞き、今日までずっと与えてきました。

高たんぱくで低脂肪。

現在、一般的にお店で入手できるドッグフードのなかでは、胆泥症対策に一番良いのではないかと今でも思っています。

ただ、、、最近、少し気になることがありまして、フードを考えなおしてみようかなと思い感じ始めているんです。

その理由というのがこの3つ。

  1. 保存料、酸化防止剤などの添加物
  2. フードに含まれる酸化した脂質
  3. 原材料で一番多いのが穀物というフードは、本来肉食である犬にとってどうなのかな???
  4. ロイヤルカナンさんの工場が韓国に移転するというニュース

それぞれ、頭を悩ませる問題です。

1.保存料と酸化防止剤などの添加物問題。

保存料として「ソルビン酸カリウム」、酸化防止剤として「BHA・没食子酸プロピル」が使用されています。

それぞれ、発ガン性などが指摘されている成分です。

もちろん、保存性を高めるためにやむを得ず使っているのだとは思いますが、やはり可愛い我が子に毎日食べさせるのはできれば避けたいなと。。。

2.フードに含まれる酸化した脂質問題。輸入のフードは酸化が心配・・・

胆泥症対策には、低脂肪のドッグフードがいいということは大前提です。

ただ、それ以上に私が問題だと思うのは、フードに含まれる脂質が酸化して質が変わってしまうこと。

輸入のドッグフードの場合、どうしても船便が多くなりますが、輸送に使うコンテナ内の温度は60度を超えることもあるそうです。

そうなると、高温により脂質が酸化してしまうのは明らかに想像できる。。

もちろんその対策のために酸化防止剤を添加しているわけなんですが、その結果、酸化防止剤の使用量が増えるというのは本末転倒のような気がしてきたのです。

3.原材料で一番多いのが穀物というフードは、本来肉食である犬にとってどうなのかな???

これは胆泥症に限ったことではないのですが、犬はもともと肉食ですから、穀物は犬の消化器に少なからず負担をかけます。

やはり、良質の動物性たんぱく質が原材料の多くを占めるという構成が、犬にとっては一番ベストなのは間違いないと思うんです。

4.ロイヤルカナンさんの工場が韓国に移転するというニュース

これについては・・・、偏見っぽくなってしまう可能性があるので、多くは語りません。

ただ、今回フードを見直すきっかけの一つになったのは事実。

現在、「犬心」と「Dr.ケアワン」2種類のフードを比較検討中。

私の不安材料を全てクリアしてくれて、かつ胆泥症ケアにも役立つフードの条件は以下の4つです。

  • 国産であること(輸入・輸送途中の脂質酸化を最小限にできる)
  • 保存料・酸化防止剤などの添加物を含まない
  • 高たんぱく・低脂肪で、かつ良質な脂質であること
  • 原材料で最も多く占めるのが動物性たんぱく質であること

いろいろ調べて、この条件を満たすドッグフードを2つに絞りました。

犬のナチュラル療法食 犬心」と、「Drケアワン」です。

「Dr.ケアワン」は無添加の『総合栄養食』なので、基本的に現在病気のない子の健康維持を目的としているドッグフードです。

それに対し、「犬心」は『療法食』であり、犬の病気の改善を目的としているドッグフードである、という違いがあります。

犬心は以下の疾患に対応しています。

  • クッシング症候群
  • 膵炎
  • 甲状腺機能低下症
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • メタボ・肥満
  • 脂質代謝異常症

この中に「胆泥症」という疾患名が入っていませんが、上記のほとんどが胆泥症の原因とされる基礎疾患なので、これはいいのではないかとピンと来たわけです。

※胆泥症の原因となる疾患についてはこちらをご参考になさってください。

犬心を胆泥症の療法食として与えることについて、専門家の見解をお聞きしようとおもい、犬心販売サイトの問い合わせフォームより質問してみました。

私の質問メール(抜粋)です。

13歳のチワワを飼っており、その子が数年前から胆泥症を患っています。

これ以上胆泥が増えない食事をと思い、現在はロイヤルカナンの消化器サポートを与えておりますが、添加物が気になっております。

胆泥症も脂質代謝に関係のある疾患だと思いますが、貴社の犬心は
低脂肪のフードとのことですので、合っているのではないかと思い購入を検討しております。

胆泥症との関連につきまして、貴社の見解はどのような感じでしょうか?

するとすぐに代表の方から直々に、とても丁寧なご返信をいただきました。

「犬心」販売サイトからのご返信1(抜粋)

胆泥症ということで肝臓値も高いことと思いますが、横断が出ているような症状はないでしょうか?

黄疸が出ている場合は、犬心にトッピングなどの工夫が望まれるところです。
黄疸がなければ、犬心だけの食事がお勧めできます

いずれにしましても、胆泥症に多くの実績がございます
また、胆泥症以外に病歴や血液検査で異常が見られた内容など、教示いただければ幸いです。

お返事をいただき、すぐに、現在のうちの子は黄疸はなく投薬だけの治療であること、過去に子宮蓄膿症を患ったことがあるということをメールでお伝えすると、またすぐに以下のようなご返信がありました。

「犬心」販売サイトからのご返信2(抜粋)

胆泥や子宮蓄膿症には、共通する原因として、「食事中の悪質な脂肪」が挙げられています。
酸化した脂肪は、胆泥や子宮蓄膿としてあらわれやすく、逆に、フレッシュで良質な脂肪は両トラブルの対策に大切です。

この点においても、「犬心」はご愛犬にお勧めできると考えています。

やはり犬心が胆泥症対策のドッグフードとして適しているということがわかりました。

犬心販売元のマッシュルーム・デザイン・スタジオ様、ご丁寧な対応をいただき本当にありがとうございました<(_ _)>

黄疸が出ている場合のトッピングについては聞き忘れました・・・。

もし、この記事を読んで犬心に興味を持ってくださった飼い主様のご愛犬に黄疸がある場合は、念のため購入前にお問合せフォームから質問してみてくださいね。

とりあえず私の不安要素は晴れましたので、犬心とDr.ケアワンの2つに絞って検討しようと思います。

犬心とDr.ケアワン以外にも、国産・無添加を謳っているドッグフードはいくつかありましたが、食いつきを重視している広告だったものについては、今回は外しました。

とりあえずお試しを取り寄せてからさらに検討し、後日アップしたいと思います。

 
スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です